スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs New York Red Bulls ~ 新監督との衝突勃発 ~

08-13,2012

549673_10150970309490264_1912483825_n.jpg
長いようで短かったスパーズのアメリカでのプレシーズンツアーもいよいよこれで最後!ニューヨークにてNYレッドブルズと対戦をした。アメリカツアーのラストを飾るにふさわしい試合となった。
トレーニング in ニューヨーク
ニューヨークでもギラギラの太陽の下でトレーニングができたスパーズ。ニューヨークでのトレーニング動画を見ると、みんなの笑顔が素敵やね。アメリカツアーもこれでラストだから良い調整になってくれてたら嬉しいな。
ny_train730x270f.jpg ny_train730x270d.jpg

そして、ニューヨークでもサインに応えるスパーズの選手たち。アメリカ人のフリーデルと次期キャプテン候補のドーソン。アメリカのファンからも愛されてそうで嬉しいね。
ny_train430a.jpg ny_train430b.jpg


FIFA13トーナメント開催!
スパーズがFIFAシリーズのEAと3年のパートナーシップ契約を結んだ。FIFA13ではスパーズの選手名が実名で出るってことかな。このベイルのポリゴン画像を見ると背番号は3番って書いてあるっぽいけどプレシーズンで使われてる9番かどちらが新背番号に決まるかな。そして、これを祝してスパーズの選手たちでFIFA13トーナメントを開催。トーナメント対戦表が写真右です。
484641_450894511609526_783973473_n.jpg ea430c.jpg

舞台はグランド・セントラルステーションにて。スパーズ選手たちによるFIFAトーナメントの様子の動画を見るとみんなのリラックスした表情が素敵だな。ウォーカーって写真だと表情固めのものが多いけど、こんな明るいんだなぁっと。そして決勝戦はキャロル対ノートンで、見事にキャロルが優勝した模様。スパーズでのNO.1ゲーマーはキャロルに認定!?
524232_10151010505173505_378003993_n.jpg ea430d.jpg


ビラスボアス監督によるサッカー教室
スパーズの新監督によるサッカー教室がニューヨークで行なわれたみたい。このサッカー教室には監督以外にも、ステファン・フロイント、ルイス・マルティンス、ジョゼ・マリオ・ロシャ、トニー・パークスのスパーズコーチ陣も参加。新コーチ陣の役割と特徴をいまいち把握してないので、そのうち簡単にまとめたいな。とりあえずボアったんの写真が小さくてわかりにくいけど、すごい髭を蓄えてる気がする(笑)
ny_clinic730x270.jpg


レヴィ会長が鳴らす鐘の声
スパーズの会長であるレヴィ会長がニューヨーク証券取引所のクロージング・ベルを鳴らした。アンダーアーマーのお偉いさんと、ニューヨークレッドブルズのお偉いさんなどと一緒にセレモニーに参加し、センターポジションに君臨したレヴィ会長。
レヴィ1 レヴィ4

単なるセレモニーの1つと言ってしまえば、それまでなんだけど、この鐘の声が持つ意味を考えてみたい。金融業界でもメジャーなセレモニーであり、世界各国で視聴されるイベント。世界各国で1億5千万人に視聴されてるいるとのこと。金融業界を始めとして、スポーツメディアとは違った形、違ったチャンネルでアナウンスされるということ。そして、アナウンスされたその声はトッテナムホットスパーFCとアンダーアーマー社との力強い提携をもの語っている。この鐘の声が世界各国に配信されたのだ。「鐘の声」と言えば「祇園精舎の鐘の声」って連想しちゃうけど・・・(汗)
レヴィ3 レヴィ2


vs New York Red Bulls
Spurs (4-2-3-1): Gomes; Walker (Naughton, 60), Dawson, Vertonghen (Gallas, 46), Assou-Ekotto (Bassong, 83); Huddlestone (Jenas, 46), Livermore (Carroll, 61); Lennon (Smith, 83), Sigurdsson (Kaboul, 83), Bentley (Kane, 46); Bale (Townsend, 74).

myboardNYレッドブルズ

アメリカツアーもいよいよ最後。レッドブルズとの一戦を迎えたスパーズ。この試合前の様子ですごく嬉しい写真を発見!スパーズのトップチームのキットマン(ユニフォーム管理人)であるスティーブ・デュークスさんの写真である!新体制となったスパーズで裏方さんの動向が気になってたけど、デュークスさんが今季もチームに残っててくれていることが確認できて本当に嬉しい。裏方さんについてはまだまだ勉強中の身ですけど、こういう部分で心底嬉しいと思えるわけだから、もっともっと裏方さんについて知っていきたいなって思う今日この頃。
315368_10151010840668505_465251116_n.jpg 306382_10151010839993505_276830623_n.jpg

この試合で衝撃的な出来事が起こった。ついに、新監督であるビラスボアスと選手が衝突したのだ衝突した選手とはハドルストンである。この日は前線からの素早いチェックからボールを奪い、左足で糸を引くようなうっとりするシュートを放つも相手GKに阻止されたシーンを演出した。そのハドルストンとビラスボアス監督が正面から衝突!そう、まさに正面から衝突してしまったのだ。ハドルストンが自分たちのスローインになりそうなボールを必死に追いかけるも、追いつけず。そして、勢い余ってピッチサイドにいたビラスボアス監督と正面からぶつかってしまった・・・。うん、文字通り、正面衝突ですよね(笑)2人の気まずそうな感じが面白かった。良いもの見れたなぁっと。
405424_10150970309015264_501089226_n.jpg 399376_10150970309340264_1989865827_n.jpg

試合自体はNYレッドブルズに新加入した前エヴァートンのケーヒルが裏に抜け出したところを、フェルトンゲンが必死に体を当てに行ってPKを与えてしまった。そして、PKを決められてNYレッドブルズが先制をした。PKの前にさりげなくケーヒルがフェルトンゲンを慰めに来てくれていた。ありがとうね、ケーヒルさん!

NYレッドブルズには元スパーズのタイニオがスタメンで出ていた。当時の彼のプレーを僕自身はそんなに知らないけれど、スパーズが07/08シーズンにカーリングカップ優勝を果たした時にメンバーにいたので、DVDでかろうじて彼のスパーズでのプレーを見たことがある。

この試合では、先制を許したものの、ゲームはスパーズペースで進んで行った。この試合はプレシーズンマッチの中で1番見ていておもしろかった。ハドルストンとリヴァモアを中央に配置して、その前にギルフィを置くこの形。開幕戦もこの布陣で挑んでほしいと思うには十分な内容だった。

レノンとウォーカーの右サイドでの相互理解が深まっているように感じた。印象的だったシーンが右サイドでボールを受けたレノンが前へ仕掛ける→相手DFに縦を切られたので無理せず下げてウォーカーに預ける→レノンが中に切り込んで相手DFをひきつける→ウォーカーがドリブルでサイドを切り裂いたシーン。自分が良くところ、相手に任せるところ、相手のためにスペースを空ける動き。今季の右サイドで更なる相互理解を見せてほしい。

また、ウォーカーのクロスの精度が上がっているように思う。エコトからいつも通りの見事なサイドチェンジでレノンに→レノンがウォーカーに預ける→ウォーカーがクロス→ベイルが中央で相手DFと競るも、相手DFが触ってコーナーを獲得したシーン。そこで、ベイルが何度も何度も親指を立ててウォーカーにナイスクロスだったよってアピールしていたのが印象的だった。最初にウォーカーが気付かなかったんだろうけど、本当に何度も何度もウォーカーに声を掛けながら親指を立てていた。スパーズの若手どうしの熱い友情が垣間見えたところがまた素敵!
432009_10150970308955264_2077246146_n.jpg 486473_10150970309535264_2045065882_n.jpg

今季のスパーズはセットプレーからも得点の香りがぷんぷんしてて期待が持てる。後半に同点に追いついたが、その同点弾もコーナーからだった。ギルフィのコーナーからベイルがヘッダーで合わせて同点に追いついた。実はこのコーナー自体はケインが前線にボールを運んで、PK獲得になってもおかしくないような相手DFのタックルで得たもの。

ケインはこの日は頑張っていたように思う。左サイドで出てきて、ボールを受け取った後に、相手DFと競り合いながらも粘って必死にボールをキープしていたケイン。本来そういうプレーがあまり得意ではないように思う。それだけに頑張ってるなぁって感じた。そして、ケインがサイドで粘って、フリーだったキャロルにパスを出して、キャロルがクロスを放つも味方選手には合わなかった。キャロルにはシュートを打ってほしかったかな。この直後にキャロル自らがギルフィを呼んで、何やら耳打ちをして指示していた。若手でもピッチの上では対等な関係!?

そして、そのプレーの直後にギルフィがファンタスティックなゴールを決めた。キャロルがボールを受ける→左サイドにいたレノンに大きく展開→キャロルに戻す→エコトに軽くはたく→キャロルは下がってスペースを空ける→エコトがギルフィに渡す→そしてギルフィがジーニアス!!!!キャロルの指示が効いたせいかどうなのか・・・(笑)

この2つのプレーで共通していた点が左SBとCBの間のスペースをうまく利用していたこと。偶然なのかもしれないけど、ここを意識的に狙っていけたら面白そう。どちらのプレーでもキャロルが絡んでいた部分に彼のセンスの良さを感じる。もちろん、そこを狙うこと自体は珍しいわけではないかもしれないけど、今のスパーズの4-2-3-1は中央の攻撃力がそこまで突出しているわけではない。だからこそ、SBとCBの間を意識して狙っていく方が今のメンバーのスタイルに合うのかなと。ギルフィのゴール自体は、ただただギルフィが凄かっただけなんですけどね。

この後に、コーナーからドーソンが足で合わせるもクロスバーに直撃して、逆サイドに流れたこのこぼれ球をキャロルが折り返すも、ギャラスにあと1歩で合わなかったシーン、そして最後はタウンゼントが素晴らしいスピードで裏に飛び出して相手GKと1対1になって、シュートを放つも相手GKに防がれてタイムアップ。結局PK以外ではほとんどピンチを招くことなく2-1で試合を終えた。
527069_10151011703833505_937778019_n.jpg 405417_10150970309460264_1176335046_n.jpg

かくして今季もスパーズがタイトルを獲得した!昨季に続いて連続でのタイトル獲得だ!スパーズはバークレイズニューヨークカップのチャンピオンである。ゴメっさん楽しそうやねぇ~(*´ω`*)
483169_10151014730208505_863126891_n.jpg

読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングに参加してますのでよろしければポチっと励ましてもらえると嬉しいです。にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト

COMMENT

昨シーズン、開幕からパーカーやアデバ加入まで、なかなか勝てなく酷い内容だったことを少しずつ思い出し始めました。
そのあとの快進撃は痛快でしたが、今年は新監督のもとスタートダッシュも期待したいです。ネビラチェーンゴール、ウォーカーも大好きな選手なので頑張って欲しいです!
いよいよ今週末からですね♪
2012/08/15(水) 13:04:22 |URL| #- [EDIT]
FIFA12のときから実名だったFIFA13ではスパーズの全選手たちがおそらく顔そっくりになると。若手や今まで似てなかったドーソン、エコト、パーカーとかもw
2012/08/15(水) 15:35:05 |URL|ペーニョ #- [EDIT]
Re:
> 名無しさん
コメントありがとうございます。
お名前が書いてないのでどなたかわかりませんが、はじめましてですかね!?


> 昨シーズン、開幕からパーカーやアデバ加入まで、なかなか勝てなく酷い内容だったことを少しずつ思い出し始めました。

昨季のスタートは散々でしたよね(汗)
そもそも開幕自体が延期になりましたからね。
開幕予定の日に開幕する。その当然のことの幸せを噛みしめたいです。


> そのあとの快進撃は痛快でしたが、今年は新監督のもとスタートダッシュも期待したいです。ネビラチェーンゴール、ウォーカーも大好きな選手なので頑張って欲しいです!

ウォーカーは期待が持てそうですね。
モドリッチの去就が不透明なだけに現有戦力の成長に期待したいです!


> いよいよ今週末からですね♪

いきなりアウェーのニューカッスル戦と厳しい相手ですが楽しみですね!
スパーズ漬けな毎日よ、早くCOYS!!
2012/08/15(水) 15:48:38 |URL|わんほっとすぱ~ズ #- [EDIT]
> ペーニョさん
コメントありがとうございます!

> FIFA12のときから実名だったFIFA13ではスパーズの全選手たちがおそらく顔そっくりになると。若手や今まで似てなかったドーソン、エコト、パーカーとかもw

顔がそっくりに・・・。微妙ですけど、大きな差ですね(笑)
全くゲームやらないんですけど、楽しそうですね。

今までのドーソン、エコト、パーカーが気になりますw
2012/08/15(水) 15:56:08 |URL|わんほっとすぱ~ズ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。