スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルオンゴ、フレデリクス、クマロ、ドーキンスがレンタル移籍

08-30,2012

mass_ips_bburn730.jpg
スパーズはレンタル移籍を積極的に活用するチーム。シーズン序盤であるものの、ここでレンタル移籍が決まっている選手たちを簡単に紹介したい。
ルオンゴがイプスウィッチへ
マッシモ・ルオンゴがチャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチにレンタル移籍。イプスウィッチでの背番号は15番。若きオーストラリア人の中盤の選手だ。昨季のネクスジェンシリーズという若手の大会でキャプテンを務めることが多く、また、昨季はカーリングカップでTOPデビューを果たしている期待の若手選手。ネクスジェンシリーズでは誰よりもユニフォームを汚し、汗をかき、チームのために体を張れる選手。イングランドではきっと愛されるタイプの選手だ。リーグデビュー戦となったブラックバーン戦では経験豊富なダニー・マーフィーと対戦したことが良い経験になったと語るルオンゴ。ファンの前で戦えること、スカッド入りするための競争を楽しんでいるとも語っていた。未来のスパーズのダイナモに成長してほしい。
luangoweb37-261995.jpg mass_ips_bburn430.jpg


フレデリクスがブレントフォードへ
ライアン・フレデリクスがリーグ・ワンのブレントフォードにレンタル移籍。ブレントフォードでの背番号は18番。昨季ELに3試合出場した、スパーズの右サイドの選手。右ウイングと右SBを務めていた。ブレントフォードでは後半からの途中出場が多いよう。まだリーグ戦が始まったばかりだが、徐々に出場機会を増やしていってもらいたい。
xi_northampton730a.jpg hearts_h664b.jpg


クマロがPAOKテサロニケへ
ボンガニ・クマロがギリシャのPAOKテサロニケにシーズンローン。彼はCBの選手で、PAOKでの背番号は30番。ELのプレーオフにも出場を果たしている。PAOKは昨季ELでスパーズと対戦したギリシャの強豪チーム。サポーターは服を脱ぎ、上半身裸で叫び、発煙筒の煙がスタジアムを包む。そんな熱い雰囲気で1シーズン戦い抜くことで、ひと回り大きくなってスパーズに帰ってきてほしい。
17502RHOF.jpg 531194_10151089975459687_1703864667_n.jpg 557483_10151050871419687_1068411600_n.jpg


ドーキンスがサンホセへ
サイモン・ドーキンスがMLSのサンホセ・アースクエイクにレンタル移籍しているFW。MLSが12月までということで、12月までのレンタル移籍。サンホセで背番号10番を背負い、ゴールを記録している。24歳のドーキンスは1度スパーズからリリースされた経験がある。しかし、新天地を求めてトライアルを受けようとするも怪我のためどことも契約が至らなかった苦労人。レンタル移籍は若手の育成、余剰戦力の整理などそれぞれ特徴があるものの、彼にとっては少しレンタル移籍の意味合いが違うかもしれない。彼の今後のフットボール人生がどうか幸多きものであってほしい。なお、MLSのサンホセ・アースクエイクとスパーズはクラブパートナーシップとして提携している。
simon_dawkins730.jpg dawkins_gen_664.jpg


読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングに参加してますのでよろしければポチっと励ましてもらえると嬉しいです。にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。