スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carlisle vs Spurs ~ キャピタルワンカップ3回戦 ~

09-30,2012

261835_10151109725193505_273589590_n.jpg
キャピタルワンカップ3回戦でアウェイのカーライル戦を戦ったスパーズ。ハードスケジュールの中で色々な選手を試すことができた試合となった。
Carlisle United 0 - Spurs 3
スパーズのスタメンは下図のとおり。
カーライル
                 SUB:ゴメス、ウォーカー、サンドロ、キャロル、レノン、オビカ、デフォー
■ゴール
'37フェルトンゲン、'53タウンゼント、'89シグルドソン
■交代
'65フェルトンゲン→ウォーカー、'70メイソン→キャロル、'75デンプシー→オビカ
■観客
12,625人
■主審
ケビン・フレンド

キャピタルワンカップ
キャピタルワンカップとはリーグカップ戦のことであり、昨季までカーリングカップという名前だった大会。スポンサーが変わったために、今季からキャピタルワンカップという名前に変更した。イングランドではカップ戦がこのキャピタルワンカップ以外にFAカップがある。

世界最古の大会と言われるFAカップはイングランドでは権威が高くどこのチームも比較的本気で上位で狙ってくる傾向にある。そして、このキャピタルワンカップはイングランドフットボールのハードスケジュールに考慮してビッグクラブは若手選手の育成のためにあてる傾向にある。
67185_10151108642873505_1724699176_n.jpg 551934_10151108643243505_1186680978_n.jpg

スパーズはカーライルとアウェイで対戦。キャピタルワンカップでは放送がないことが多く、この日はラジオ観戦となった。ビッグクラブのファンではラジオ観戦をする機会っていうのはあまりないと思う。英語実況を必死に聞いて、どんなプレーがあったかを想像する。この楽しさは小説とドラマの違いのようで面白かった。

スパーズはこのカーライル戦でスパーズの期待の若手を積極的に起用した。メイソン、ファルケ、アダム・スミスをスタメン起用。途中出場でキャロルも起用した。メイソンはゴールに迫るシーンがあったようだ。写真は左からメイソン、ファルケ、キャロル。
cufcvspurs-web-014104-395950_478x359.jpg 2_falque.jpg 10_carroll.jpg

フェルトンゲンがスパーズ初ゴール
前半37分に左SBでスタメン起用されたフェルトンゲンが先制ゴール!スパーズでの初ゴールとなった。フリーキックでギルフィが蹴ったボールが美しい軌跡を描き、フェルトンゲンがヘッダーで決めた。
4_vertonghen.jpg cufcvspurs-web-026104-395965_478x359.jpg

抜群の攻撃センスを発揮しているフェルトンゲン。特に左SBに入ったことでその攻撃センスをいかんなく発揮している。ゴールセレブレーションでは1人で喜んでいる様子だったけど、他の選手と仲良くやっているのか少し心配だ。CBのコールカーとはガッチリ握手していたようで少し安心。
5_vertonghen.jpg cufcvspurs-web-027104-395966_478x359.jpg

タウンゼントが追加点
53分にタウンゼントが左足でミドルシュート!右サイドからうまく中央に切り込んで行ってミドルを放った。タウンゼントのゴールは彼のトップチームデビューとなったFAカップのチャールトン戦でのゴールのようだった。タウンゼントの左足でのゴールを初めて見たが本当に左右の足を器用に使えて期待が持てる。他にも何度もサイドを駆け上がったブチ抜いていた様子だった。
7_townsend.jpg 150391_10151109573023505_5846510_n.jpg

ギルフィの決定打
試合終了間際にギルフィがヘッダーでゴールを決めて勝利を決定づけた。ギルフィにパスを出したのは、途中出場で左SBに入ったウォーカーだった。
cufcvspurs-web-039104-395978_478x359.jpg 527542_10151109573143505_621686539_n.jpg

アウェイ遠征でしっかり勝利
ビラスボアス監督はアウェイのカーライル戦でしっかりと勝利して次のラウンドに勝ち進んだ。カーライルといえばイングランドの中でも最も北側のほうに位置する。現地の気温はもう肌寒いのだろうか。ビラスボアス監督はダウンジャケットを着こんでいた。寒い中で負傷者が出なかったことが何よりである。次のリーグ戦はアウェイでマンチェスターUtd戦という移動による疲労が心配ではある。

若手にチャンスを与え、ハドルストンやクディチーニのように出場機会に恵まれない選手を起用し、QPR戦で急遽左SBで起用したフェルトンゲンをそのポジションでの実戦経験を積ませ、FWの選手層が手薄なためデンプシーの1トップを試せた。ロリスではなくクディチーニを起用したことには驚いたが、クディチーニもワールドクラスのGKには間違いないだろう。

キャピタルワンカップの4回戦はアウェイでのノリッジ戦に決まった。
cufcvspurs-web-035104-395974_478x359.jpg cufcvspurs-web-048104-395987_478x359.jpg

我らがキャプテン
スパーズのチームキャプテンとしてふさわしい選手。マイケル・ドーソンが今季初の公式戦出場を果たした。ゲームキャプテンを務めてクリーンシート達成に貢献。ドウズにはやっぱりキャプテンマークがよく似合う。彼にとって苦しい時期を迎えているが、長いシーズンの中でドウズの力が必要になる時がきっと来るはずだ。キング引退後の新キャプテンは誰が何と言おうとマイケル・ドーソンだ!
cufcvspurs-web-006104-395942_478x359.jpg 11_dawson.jpg








読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングに参加してますのでよろしければポチっと励ましてもらえると嬉しいです。にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。