スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spurs vs Swansea ~ 第17節 ~

12-24,2012

430796_10151219203808505_979478590_n.jpg
スパーズと勝ち点差3差に迫っていた、勢いに乗っているスウォンジーをホームに迎えたスパーズ。スパーズを救うヒーロー、スーパーヤンの登場だ!
Spurs 1 - Swansea 0
スパーズのスタメンは下図のとおり。ESPNのGamecastを参照にアベレージポジションをアップ。
スウォンジー
      SUB:フリーデル、ハドルストン、パーカー、シグルドソン、リヴァモア、タウンゼント、コールカー
■ゴール
スパーズ:'75フェルトンゲン
■交代
'69デンプシー→シグルドソン、'71アデバヨール→タウンゼント、'93デンベレ→パーカー
■カード
'53デンベレ(イエロー)、'95デフォー(イエロー)、'97リヴァモア
■観客
35,783人
■主審
マイク・ディーン

今季から新チームを引き継いだ新監督対決となったスパーズ対スウォンジー。昨季プレミアで躍動し、今季から監督が変わり、さらに主力中の主力も抜けた。しかしながら、プレミアで好位置につける。少し状況が似た監督どうしの対戦となった。
1907471_w2.jpg spurs-laudrup-158-547054_478x359.jpg

試合は序盤こそスウォンジーが押すシーンもあったが、基本的にはスパーズペースだった。スウォンジーの選手たちはミッドウイークにリーグカップ戦を戦っているために疲労があった。さらに、主力である右SBのアンヘル・ランヘルが怪我で試合に出れなかった。昨季プレミアでナンバー1のボールタッチ数を誇るランヘルの不在はスウォンジーにとってはあまりにも痛手だった。



ミチュ包囲網!
今季得点王ランクトップタイの12ゴールを誇るミチュ。今季から格安でスウォンジーに加入した彼の補強は大当たり。スパーズとしても全力で彼を抑えにかかっていた。また、守備面でもデフォーのタックルをペナルティエリア内で必死にブロックしてチームを救っていた。そのピンチ自体は彼の不用意なミスが招いたものだったがけれど・・・。
michu-spurs-4-4x358-548166_478x359.jpg michu-spurs-5-4x358-548167_478x359.jpg

試合終了間際には、ロリスとミチュが交錯して、ミチュが倒れるシーンがあった。大事に至らなかったので本当に良かった。最終ラインの裏に出たボールに対するロリスの飛び出しの判断と対応は本当に素晴らしく、これからも躊躇することなく飛び出してほしいな。

なお、この直後にマイク・ディーンがプレーを止めなかったために、タウンゼントとGKが1対1になるシーンがあり、タウンゼントのシュートは惜しくも防がれたが、プレーを止めなかったことに激昂して両チーム入り混じることとなった。そして、ピッチ内に入ってきてしまったリヴァモアにイエローカードが出された。ディーンはプレーをすぐに止めるべきだっただろうね。
michu-spurs-2-4x358-548162_478x359.jpg michu-spurs-1-4x358-548160_478x359.jpg

HERO!スーパーヤン!
スパーズが攻勢にゲームを進めるものの、ゴールが奪えない。決定機もなかなか演出できない。苦しくもあり、見慣れた光景でもある。このままゲームが終わってしまうのかと不安がよぎったが、スパーズを救うヒーロー登場!

まず、途中交代で入ったタウンゼントが素晴らしい切り返しと、前への推進力を意識したドリブルにてフリーキックを獲得。そのフリーキックをウォーカーが中央に蹴り込んだ。そのボールは相手DFが触り、難しいボールとなったが、ヤン・フェルトンゲンが上手く右足で合わせてゴールを決めた。自分のところに来たら必ず決めると思っていたのだろうか、ボールから目を逸らさなかったことがゴールにつながった。

ブログのトップに使った胸を手で開くようなゴールパフォマンスがスーパーマンのようだから、愛を込めてスーパーヤンって呼ばれてるフェルトンゲン。そういえばスーパーマンを含めたアメコミのコスプレした4人衆くらいのファンがカメラに抜かれてたけど、彼らは嬉しいだろうね!スーパーヤンの登場は彼らのおかげかもね(笑)
60939_538368992854187_97647101_n.jpg
15379_10151220411933505_1913346863_n.jpg 1907501_w2.jpg

大きな勝利でTOP4に!
試合内容自体はけっして満足が行く内容ではなかった。スパーズの攻撃の手詰まり感も感じたし、疲労と怪我人が多いスウォンジー相手にホームで命からがら勝ち点3を拾った試合。しかし、それでも勝ち点3は3。この勝ち点3でスパーズはTOP4に名乗り出た。また、今季数少ないクリーンシートも達成!少しずつ怪我人も帰ってくるが、その怪我人を抱えた状態でこのランクにいることが未だに信じられない。
182369_10151220412183505_2083024229_n.jpg 563573_10151220412093505_1828399353_n.jpg

おかえり、スコッティ!
怪我で今季開幕前から戦線離脱していたスコット・パーカーがついにプレミア復帰!アディショナルタイムに投入されて、出場時間自体は短かったものの、多くのファンから温かい拍手で迎え入れられた。ユニをしっかりシャツインして、表情は闘将そのもの、戦うオトコという顔つきでピッチに入ってきた。

そのアディショナルタイムではスワンズのコーナーやフリーキックの嵐で、パーカーらしさを発揮する場面も活躍もそんなになかったけれど、本当に帰ってきてくれたのが嬉しい。ちなみにスコッティのアベレージポジションはロリスよりもゴールに近かったです(笑)出場時間が短くて、セットプレーの連続だったから仕方ないですけどね!なお、この試合後にU21プレミアに調整のため出場し、ゴールも決めた。そのマッチハイライトがこちら

個人的に今季ここまでスパーズのベストプレーヤーはサンドロだと思っているので、パーカー復帰はビラスボアス監督にとっては嬉しい悩みとなりそう。個人的にはパーカーがどれほど戻ってるかわからない間は、途中出場で様子を見るのもアリかなっと。プレミアで80分までのトップチームはスパーズのようなので、残り10分を勝ちきるために。

とにかく、ホンマにおかえり、スコッティ!
483626_10151220412088505_1781782552_n.jpg




この日はランチタイムキックオフだから皆でディナーに行ってたみたいだね!


読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングに参加してますのでよろしければポチっと励ましてもらえると嬉しいです。にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。