スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年を振り返って

12-31,2012

292306_10150971754573505_1963325843_n.jpg
今年も残すところあと数時間。長いようで、短い1年間、そんな今年1年間のスパーズを振り返ってみたい。フットボールファンにとって、フットボールシーンを振り返ると当時の私生活上の思い出も一緒に思い浮かぶのではないだろうか。
ホワイトハートレーンでの悲報
1月、スパーズにとって今季最初の試合。ホワイトハートレーンでのウエストブロムを迎えた試合だった。この試合で81歳のスパーズファンが試合中に心臓発作を起こし、病院に搬送されるもお亡くなりになるという悲しい出来事が起こった。孫にクリスマスプレゼントとしてチケットをプレゼントしてもらい、33年ぶりにレーンにて観戦に来られていたそう。改めてご冥福をお祈りいたします。昨季から今季にかけて、命の尊重について考える機会が多い1年だった。

エコトのゴールラッシュ
2012年はエコトにとってゴールラッシュの1年となった。なんたって3ゴールも決めたからね!

1月11日のエヴァートンとの開幕戦!?第1節の試合がロンドンの暴動のため延期され、その時期に行われた試合だ。そこで、エコトが放ったミドルシュートはケイヒルのお尻を舐めるようにして、ゴールに吸い込まれる素晴らしいシュートを放った。名付けて「尻舐め痴漢シュート」。カブールとタッチする姿がステキだったな~。
ev_h664f.jpg ev_h664b.jpg
2月11日のニューカッスル戦。この試合については後述するが、ハリーを残留を望むファンと選手と監督が一体となった素晴らしい試合だった。その試合でしれっと先制点を決めたエコっちゃんステキーーーー。
3778140.jpg 3778141.jpg
8月25日のウエストブロム戦。とんでもない髪型でピッチに現れたエコト。分け目に稲妻が走ってる。この髪型は名付けて「稲妻ツインテールおさげ」。そんなエコトがホーム開幕戦となるバギーズ戦でゴール。09/10シーズンのリヴァプール戦、先ほど紹介したエヴァートン戦に続いて、ホーム開幕戦でのゴールとなった。エコトはホーム開幕オトコである。シュートの弾道も稲妻のように曲がったシュートだった(相手DFに当たって曲がっただけw)
エコト 418791_10151070906648505_1422465983_n.jpg

アデルがグラミー賞を総なめ
2月、アデルがグラミー賞で6冠達成!トッテナム地区出身でスパーズファンのアデルがグラミー賞を総なめした。彼女が歌う「ホームタウン・グローリー」という歌はスパーズを題材とした歌とのこと。せっかくだからスパーズファンも1度は聞いてみて。ちなみにペットの犬を「レノン」って呼んでいるそう、理由は短足だから。失礼な、足が速いからと言って(笑)アデルは10月19日に男の子を出産。公私ともに充実してもらいたいね。おめでとうございます。
うちの赤ちゃんの4日前の出産だね(笑)
1gbi.jpg

アンフィールドキャット
2月6日のアウェイのアンフィールドでのリヴァプール戦にてかわいいハプニングが発生!アンフィールドキャットがピッチ内に侵入!真剣勝負の間に猫ちゃんが乱入してきちゃいました(笑)猫を見つめるフリーデルがかわいかったね!アンフィールドキャットのその後もリヴァプール公式に乗ってましたので興味ある方は要チェック!この試合ってハリーが脱税裁判でスタジアムに行けず、怪我人が多くいてルオンゴがベンチ入りし、試合内容はアンフィールドキャット以外に特に盛り上がる部分がない試合やったんよね。
3_4f304e59ea71f893325490.jpg cat_4fb21c04c8130123087987.jpg

カペッロ監督が突然の解任
2月8日、ファビオ・カペッロ監督がイングランド代表監督を解任された。テリーの主将降格処分に対するFAとの意見の相違のためと言われている。カペッロが解任される前日に、当時のスパーズ監督であるハリー・レドナップ監督の脱税疑惑の無罪判決が出たため、各メディアはハリーの代表就任を煽る形となった。
私の赤ちゃん懐妊を知ったのが、実はこの日。解任と懐妊が同時に発覚(笑)
662390_w2.jpg 686918_w2.jpg

Harry Redknapp, We want you to stay!!
2月11日、ホームでのニューカッスル戦の出来事だった。カペッロ解任直後に行われたレーンでの試合。この試合でレーンに駆け付けたファンが“Harry Redknapp, We want you to stay”とチャントを歌い続けた。そのチャントにハリーは何度もリアクションをし、選手たちも素晴しいパフォーマンスを魅せた。結果として、トップ4を争うライバルの一角ニューカッスル相手に5-0と完勝、ハリーを愛するエコっちゃんもゴールしてくれた。選手、監督、ファンが一体となった素晴らしい試合だった。
newc_h730a.jpg

Pray for Muamba
3月17日、ボルトンとのFAカップ6回戦にて、ファブリス・ムアンバが接触のないところで試合中に倒れた。一瞬静まり返るホワイトハートレーン、ピッチ内の選手たちの深刻な表情、けっして倒れているムアンバを映さないテレビカメラ、涙を流しているレーンのファン。状況を把握するには十分だった。しばらく静まりかえったスタジアム、その後、会場全体が「ファブリス・ムアンバ」のコールに包まれた。ハワード・ウェブ主審はただちに試合中止の判断を下した。この試合直後にエコトが『フットボールファミリーの絆』というコラムを掲載。私自身が感じた全てがそこで語られている。
ingame_pic1.jpg
5月2日、ボルトン戦にてムアンバはピッチに立つまで状態が回復。感極まって涙するムアンバに感動。順調な回復はフットボールファンにとって嬉しい限りである。昨季のボルトンとの試合はスピード氏の追悼など印象的な試合が多かった。
149299_398974793476204_260216390685379_1200758_1539839874_n.jpg 399122_398974810142869_260216390685379_1200759_1172385379_n.jpg 401600_398974770142873_260216390685379_1200757_823951153_n.jpg
ハリーと再会を果たした時にハリーと抱き合うムアンバの姿。本当に嬉しかった。ムアンバは今年行われたロンドンオリンピックにて聖火ランナーも務めた。現役復帰の夢は叶わなかったが、元気な姿を見せつづけるだけで、フットボールファンは嬉しい気持ちになれる。今年フィアンセと結婚式をし、スパーズのメディカルスタッフも招待してくれたという噂。末永くお幸せに。時を同じくしてスパーズ若手のモデスト君も生命の危機に見舞われたが、順調な回復を見せている。
578382_398975233476160_260216390685379_1200779_232382141_n.jpg 1291281_M01.jpg

スパーズが4位フィニッシュ、そしてヨーロッパリーグへ・・・
5月、11/12シーズンを4位フィニッシュしたスパーズ。最終戦後のセレモニーで家族を連れてピッチで1シーズンのサポートを感謝する姿って素敵だな~。例年どおりであれば4位フィニッシュの時点でCL出場権を獲得できるはずだった。しかし、今年はCL決勝の結果を待つこととなってしまった。そして・・・。非情にもチェルシーがCLで優勝を果たし、スパーズはヨーロッパリーグへ進むこととなった。CL優勝を果たしたチェルシーはCL出場にふさわしい、しかし、スパーズだってCLに出場するにふさわしいチームであることを信じて疑わない。来年こそはCL出ようね!
かわいいチェルサポ女子が歓喜してもらえならそれはそれで良かったのかな(笑)
543692_10150845327448505_351687753504_9907416_942488504_n.jpg541998_10150845327308505_351687753504_9907414_1236245076_n.jpg541986_10150845327388505_351687753504_9907415_676784683_n.jpg

さようならハリー、ようこそアンドレ
6・7月、スパーズを新たな1ランク上のステージに進ませるため、レヴィ会長が勝負に出た1年。ハリー・レドナップ監督を解任し、ルイス・アンドレ・ド・ピナ・カブラル・エ・ヴィラス=ボアス監督を招聘した。ハリーはスパーズを初のCLに導いてくれて、そのシーズンにマネージャー・オブ・ザ・イヤーを受賞していた。本当に今までありがとう。そして、ビラスボアス監督にとってはプレミアでの再挑戦となる。一緒に歩んで行こうね。来年もよろしくね。
4929118934_90b54b7ebf_z.jpg zvTrSNSb.jpg

EURO2012
6月~7月、EURO2012ポーランド・ウクライナ大会が開催。スパーズからクロアチア代表のモドリッチ、クラニチャル、チョルルカ、イングランド代表にデフォー、パーカーが招集された。後にスパーズ加入となるフランス代表のロリスも出場していた。スペイン代表相手に魅せたモドリッチ、熱いプレーを魅せつづけたチョルルカ、本当におもしろい大会だったな。思えばクロアチアトリオが今や誰もスパーズにいないのが寂しいね。クラニチャルはEUROの時にはすでに移籍してたけど。
EURO前に開催したクロアチアオフ会むっちゃ熱くて楽しかったな~
roi_cro637b.jpg 1693090_w2.jpg

ロンドンオリンピック
7~8月、ロンドンオリンピックが開催された。イングランドフットボールを愛する者にとって、ロンドンオリンピックは特別な大会だったのではないだろうか。サッカーにおいてはグレートブリテン代表が結成された。グレートブリテン結成のためにセンセーショナルなGBユニを着ていたベイルは怪我で欠場。本当に悔しかっただろうな。スパーズからはローズとコールカーがグレートブリテン代表メンバー入りを果たした。
dannyrose.jpg caulker730.jpg
ロンドンオリンピックの決勝はメキシコ対ブラジル。奇しくもジオバニ・ドスサントス対サンドロというスパーズ対決となった。ジオは負傷で決勝自体には出れなかったけれど。結果がジオが金メダル、サンドロが銀メダルを獲得した。サンドロはここから休みなくプレーしつづけて、今季スパーズのMVP級のプレーをしてるんだよなぁ。
gio430.jpg 216132_10151059409373505_518884064_n.jpg

レドリー・キング引退
7月、スパーズの生きるレジェンド、レドリー・キングがとうとう引退の決断を下した。慢性的な膝の怪我と戦いながら、トレーニングに参加できないにも関わらず、試合に出場すれば素晴らしいプレーを見せてくれる。スパーズひと筋のオトコであり、素晴らしいキャプテンが一線を退いた。キャプテンとしてカーリングカップの優勝カップを掲げてもらえたこと、CLの舞台へ突き進めたことは本当に良かった。今はクラブアンバサターとしてスパーズに貢献してくれている。いつまでもお世話になりっぱなしてすみませんが、今後ともよろしくね、キャプテン!
309431_10150987054403505_89994560_n.jpg city_a_harry664.jpg

モドリッチがレアルマドリーへ移籍
8月、今年の夏に既定路線と言われていたモドリッチのレアルマドリー移籍がついに決まってしまった。中堅クラブからスパーズを強豪チームへと引き上げてくれて、魅力的なチームにしてくれたことを本当に感謝したい。移籍したからには、どうか新天地で活躍してもらいたい。今年はファンデルファールトとも別れがあり、冬にはパヴリチェンコとの別れもあった。別れのあった選手のことを想うとやっぱり寂しいね。
300588_10150317483528505_1208804073_n.jpg 430064_10150577962073505_1481883970_n.jpg

新トレーニングセンター『ホットスパー・ウェイ』
9月12日、構想7年、建設3年、費用4500万ポンドをかけたスパーズの新トレーニングセンターが完成し、そこでのトレーニングが始動した。新トレーニングセンターは『ホットスパー・ウェイ』と名付けられた。素晴しいトレーニングセンターの新トレーニングセンター『ホットスパー・ウェイ』の動画をぜひ皆さんに見ていただきたい。ちょっと長めの動画だけど。スパーズが新たなステージに上がるための野心の象徴、若手のさらなる育成のため、ホットスパー・ウェイがヨーロッパのビッグクラブへと続く道だと信じたい。
indoor-pitch.jpg main-building-pitches.jpg

オールドトラフォードで歴史的勝利
9月29日、オールドトラフォードにてスパーズが歴史的勝利を達成!なんと1989年以来、23年ぶりのオールドトラフォードでの勝利となった。序盤に2点先制したものの、押し込まれまくった後半は本当に冷や冷やものだった。苦労して苦労して掴んだ勝利。スコールズは本当に末恐ろしい選手だと感じた。香川のプレミア2ゴール目も素敵なゴールやったね!簡単に掴めなかった勝利だったからこそ、胸が熱くなる勝利だった。
580386_500863386604748_498795606_n.jpg

フリーデルのプレミア連続出場記録310試合で確定
10月、マンUtd戦の次の試合でビラスボアス監督はGKロリスをスタメン起用!ロリスにとってはプレミアデビューであり、フリーデルにとっては2004年から継続してきたプレミア連続出場記録が310試合で確定した。その記念すべき310試合目が23年ぶりのオールドトラフォードでの勝利となった。もちろん本人にとって気落ちする部分はあるだろうけど、勝ち点3が最も大事だってツイッターでメッセージを配信、しかも、12月26日には2014年まで契約延長してくれた。本当にオトコの中の漢だね、フリーデルは。
bburn512d.jpg 20110823211554281.jpg

裏方スタッフたちの受賞
9月、スパーズのメディカルチームがムアンバの救命に尽力したことから英国ハート・セーフ・アワーズ2012のライフ・セイバー・オブ・ザ・イヤーを受賞。ボルトンのメディカルスタッフと共同での受賞となった。クラブ・ドクターのシャバース・ムガール(写真左)、ヘッド・フィジオのジェフ・スコット(写真右)が本当に誇らしい。

12月、グラウンドスタッフたちが2012年のIOGインダストリー・アワーズで、IOGプロフェッホナル・スポーツ・グラウンドチーム・オブ・ザ・イヤーを受賞を受賞。グラウンドマネージャーのボルドウィンは旧スパーズロッヂからホットスパー・ウェイへ移るチャレンジの1年で受賞できたのはグランドスタッフのチーム全体の努力のおかげとコメント。きっと良いおっちゃんなんだろうな~(笑)

普段目立つことが少ない裏方スタッフだけれど、これほど彼らを誇らしく思った1年は初めてかもね。
564285_398975186809498_260216390685379_1200776_139890564_n.jpg darren_baldwin730.jpg

ベイルの赤ちゃん誕生
10月、ベイルの赤ちゃんが誕生!10月20日チェルシー戦でベイルが突然の不在。赤ちゃんの出産に立ち会うために。無事に女のコが誕生したそうです。出産後の試合でウォーカーがゆりかごしてたのかわいかったな~。ウォーカーにも赤ちゃんいるし、子どもが出来た喜びを分かち合えるんだろうね。ノリッジとのカップ戦でドーソンとゆりかごしてたのも大好きー。ベイル自身はプライベートを晒したくないのか、赤ちゃんの姿をツイッターでアップしてくれないなー。シーズンのホーム最終戦を楽しみに待っとこう。娘ちゃんにスパーズのパパってのをしっかり理解してもらえるよう、これからもスパーズでよろしくね、ベイル♡
僕の赤ちゃんもベイルの赤ちゃんの直後に誕生。結婚してもらえないかな(笑)
30980_10151151179333505_348459428_n.jpg

#COYS がTwitterスポーツ部門トップ10に
ツイッター上で用いられるハッシュタグのスポーツ部門TOP10に“#COYS”が入った。COYSとはCome On You Spursの略で、スパーズを応援する意味で使われる。スパーズのツイッターでのフォロワー数はこの1年間で2倍に増え、フェイスブックでも今年2月のニューカッスル戦で100万人から「いいね!」を獲得し、最近ではインスタグラムも始めた。クラブ公式や選手たちがこのような身近なソーシャルメディアで情報を配信してくれるのは嬉しいね。
twitter730.jpg

2012年のベストプレーヤー
2012年の1年間を振り返って、皆さんにとってスパーズのベストプレーヤーは誰でしょうか。人それぞれ意見が違うだろうし、スパーズの選手は全員が好きだけど、私自身が選ぶ今年1年間のベストプレーヤーはサンドロだ。昨シーズン終盤からサンドロは本当にキレキレで、中盤の底で体を張って死守してくれている。どれだけサンドロに助けてもらっただろうか。サンちゃん、来年もよろしくね!もうゴール決めても怒る監督はいないからさ(笑)あと今年2回ピッチでリバースしたよね。気をつけてね、本当に。オリンピックを挟んで休みなくここまで来てるから来年はうまいこと休ませられると良いな。頼れる男、スコッティも復帰したしね。
※怪我さえなければ間違いなくエコっちゃんだんだけどねー、贔屓目たっぷりで(笑)
fulham_sandro2_730x270.jpg

今年もスパーズを通じてたくさんの出会いがあった1年だった。スパーズを愛する皆さんと過ごせた1年は本当に楽しかったです。来年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、良い年COYS!!!!


読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングに参加してますのでよろしければポチっと励ましてもらえると嬉しいです。にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト

COMMENT

あけましておめでとうございます。いつも楽しくブログを読んでいます!
昨シーズンもいろいろなことがありましたが、2012年という切り口で見ると、うれしいこと悲しいこと実に様々なことを経験してきたなというのがわかりますね!
ビラスボアス監督も慣れないながら最近は結果もついてきてよくがんばってますよね。
バッキーさんの言葉にあるように、監督を信じ心をひとつにして一緒に歩んでいきたいなと思うし、どんなときでも支えてあげたいなと思います。

そして新トレーニングセンター完成とともに若手が育ち、試合にチラホラ出てくれる年になるとうれしいですね。
ぜひ2013年は飛躍の年、チーム一丸となって再びCL出場目指してがんばってほしい!
今年もドキドキワクワク、魅力的なフットボールが毎週末見られると思うと本当に楽しみですね。

ブログもきっと大変でしょうが、お時間があればぜひがんばってください!
2013年もよろしくお願いいたします。
2013/01/01(火) 01:17:09 |URL|おっでぃ #- [EDIT]
> おっでぃさん
あけましておめでとうございます!

1年って区切りで見ると新発見ありますよね。
エコトが1年間では3ゴールしてるとか(笑)

ビラスボアス監督も怪我人続出の中で戦えてるのが良いですね。
ハリーと違って感情をかなり表に出すんで、喜びも悲しみも分かち合っていきたい。

ホットスパー・ウェイは本当に綺麗ですねー。
若手が台頭してほしいけど、トップチームの層が分厚すぎるという贅沢な悩み!?

ブログはまぁマイペースにやっていきますんで、今後ともコメントよろしくお願いします。

ではでは、今年もよろしくお願いします。
2013/01/01(火) 10:09:38 |URL|わんほっとすぱ~ズ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。