スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spurs vs Coventry ~ FAカップ3回戦 ~

01-13,2013

cov_730.jpg
スパーズTVにてラジオ観戦となったコベントリー戦。ラジオで雰囲気を楽しんだ後に、ハイライト映像を見てのマッチレポとなります。ラジオからウェンブリーへ行こうのチャントが聞こえたり、チャンスやゴールの時に大歓声が聞こえるラジオ独特の趣きがある試合だった。


Spurs 3 - Coventry 0
コベントリー
SUB:ロリス、フェルトンゲン、デンベレ、キャロル、タウンゼント、レノン、デフォー
■ゴール
スパーズ:'13デンプシー、'32ベイル、'36デンプシー
■交代
'70ベイル→タウンゼント、'79シグルズソン→キャロル、'80パーカー→デンベレ
■カード
なし
■観客
36,766人

Gary Mabbutt
スパーズとコベントリーの対戦といえば1987年のFAカップ決勝戦。FA公式サイトでもその試合の記事とハイライト動画が取り上げられた

延長戦まで行ったものの、当時のスパーズのキャプテンであるギャリー・マバットのオウンゴールで敗退してしまった。なお、マバットは現在スパーズのクラブアンバサターを務めており、ビラスボアス監督がスパーズの監督に就任に対して前向きなエールを送りつづけてくれている。

この日のハーフタイムにはマバットのインタビューもあったようだ。


Dempsey,Dempsey→Bale,Dempsey
試合はデンプシー祭の展開となった。まずはギルフィのFKをベイルがフリックし、そのボールに反応したデンプシーが合わせて先制!ギルフィとデンプシーの共演でFKという形での得点は興味深いかもね。
spurs1144-583327_478x359.jpg cov_430a.jpg
2点目はデンプシーの積極性から生まれた。デンプシーがミドルを打つと相手DFに当たり、それがベイルへの絶妙なアシストとなった。
spurs6144-583337_478x359.jpg spurs5144-583336_478x359.jpg
そして、最後はコーナーキックからデンプシーが絶妙なヘッダーを決めて3点目!前半のうちにゲームを決定づけることに成功した。これでデンプシーは2013年に入ってから3ゴール1アシスト。2013年のスパーズのベストプレーヤーはデンプシーに決定やね(笑)
spurs15144-583351_478x359.jpg 298941_10151252362108505_304204757_n.jpg

Parker's first appearance in the starting lineup
コベントリー戦はスコット・パーカーにとって今季初のスタメン出場となった。今季はサンドロが絶対的な存在になりつつあるため、パーカーが控えに回ることが多くなっていた。ここでスタメン出場して、調子を上げてほしい。どの写真を見ても、闘将パーカーって感じがするね。
spurs18144-583355_478x359.jpg spurs8144-583342_478x359.jpg

Welcome back BAE!!
ついに!ついに!ついに、この男が帰ってきた!ベノワ・アス・エコトだ。サイドを何度も駆け上がり、ラジオ実況だけでもその好調を感じ取ることができた。怪我からの復帰戦となったコベントリー戦でスタメンフル出場を果たした。早くエコトにリーグ戦に帰ってきてほしい。それにしても、この試合はラジオじゃなくてフルで見たかったなぁ、本当に・・・。
spurs21144-583359_478x359.jpg spurs23144-583361_478x359.jpg

Spurs Japan “Tenugui”(hand towels) in White Hart Lane
実はコベントリー戦で嬉しいエピソードがあった。スパーズジャパン手拭いが海を渡りホワイトハートレーンで掲げられたのだ。年末年始に日本観光に来ていた現地スパーズファンの @nickcres と交流する機会があったのだ。その際に、クリスマスプレゼントとしてスパーズジャパン手拭いをプレゼント。スパーズについて熱く語り、私自身は参加できなかったが、快勝したヴィラ戦を日本のファンと一緒に観戦した。「スパーズ」を通じて世界が繋がっていくことが素晴しく、何とも嬉しいエピソード。

レドナップ前監督について、レヴィ会長について、Yワードについて、現地ファンの意見を聞けたのは興味深かった。また、こういう機会にお互いの「ローカルクラブ」について紹介したり語り合ったりするのも楽しかった。プリチャードの魅力や現地ファンすら知らない若手選手について話をしていた結果、クレイジーって言われちゃったけど(笑)

さらに、現地ファンとの繋がりはこれだけでは終わらなかった。現地ファンの人気サイト「The Fighting Cock」@LoveTheShirt のポッドキャストにて、@WindyCOYS さんが「日本からも若手選手の動向に興味を持って、僕のコンテンツを楽しんでくれているんだ」とスパーズジャパンとスパーズジャパンの英語版のアカウントを紹介してくれた。マニアックな若手について熱く語るのも無駄じゃないんだね(笑)

「The Fighting Cock」のポッドキャストはこちらから聞くことが可能で、33分あたりからウィンディさんのそのコメントがあります。 英語ですがせっかくなのでぜひとも聞いてみてください。

Thanks @nickcres and @WindyCOYS!!:D
COME ON YOU SPURS!!!!
A_3KIK7CMAATKYM.jpg






読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングに参加してますのでよろしければポチっと励ましてもらえると嬉しいです。にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。